手汗 冬

冬でも手汗が出るのはなぜ?原因と正しい対処法はコチラ!

冬は気温も低く寒いはずなのに、なぜか手だけはじっとりと汗をかいてしまうという人もいるものです。冬でも手汗が出るのはなぜなのかというと、それは自律神経が関係していると言われています。

 

自律神経と手汗

人間が汗をかくことは自律神経により左右されるもので、人間の神経には交感神経と副交感神経の2種類が存在しています。汗をかくことは交感神経によってコントロールされていますが、夏場であれば体温を調整するために、汗をかくことで一定の体温を保つことができます。

 

これは交感神経が自動的に作用しているもので、屋外の気温の変化による体温の上昇を防ごうとするからです。そのため暑いときには勝手に出るものですが、屋外の気温に関係なくかいてしまうこともあります。その一つの例が極度の緊張を感じた際に脇や手のひらなどにじっとりとかくものです。

 

これは体温調節のためではなく、精神的に気持ちが高ぶったために交感神経が刺激を受けることで生じます。手汗 冬もこの症状と同じで、精神的な発汗ともよばれるものです。寒い中であっても緊張や強いストレスなどを感じることによって、交感神経が刺激を受けることになります。これにより自分では意識していないのにもかかわらず汗をかいてしまうということです。

 

そして外の気温と屋内で気温差が大きいことも自律神経を乱れさせる原因となります。特に冬場は暖房を使って室内を暖めるため、外との気温差が大きくなりがちです。すると外と中を行き来しているうちに気温差で体温調節をしている間に汗をかいてしまうのです。

 

冬の手汗対策はコレ!

冬の手汗の対策にはいくつかのことが考えられますが、まずはできる限り気にしないということが挙げられます。このような汗は精神が高ぶったことにより交感神経が刺激を受けて生じるものであるため、精神的な高ぶりを鎮めることにより抑えられるといえます。しかし一度手汗が気になると余計に気になる人も多く、反対に何とかしたいと興奮し止まらなくなるケースも見られます。焦った時には深呼吸をして、なるべくリラックスをすることを心がけましょう。

 

これにより興奮が収まりやすくなるため、同時に汗も抑えることにつながります。

 

さらにはしっかりと毎日睡眠をとることも重要です。自律神経は睡眠不足や生活習慣が乱れた時にはバランスを崩しやすくなります。自律神経のバランスが乱れると交感神経のコントロールも乱れることになり、汗をかきやすくなってしまうということです。

 

自律神経のバランスを整えるためには、毎日しっかりと睡眠をとることが重要です。寝ている間は副交感神経が優位に働くため、深く睡眠をとることで副交感神経と交感神経のバランスが整いやすくなるといえるでしょう。

 

しかし規則正しい生活をしなければならないと頑張り過ぎるのは禁物です。これが反対にストレスになり症状を悪化させてしまうケースもあります。そのためたとえ症状が現れても気楽に構え、それがストレスとならないようにリラックスを心掛けることが大切です。