手汗 自律神経

手汗は自律神経が原因なの!?具体的な対策方法はコレ!

手の汗が人一倍多い状態では他人と手が触れる事に極端に困惑してしまいますし、触れた物が汚れやすいといった悩みも引き起こしコンプレックスに繋がります。原因は遺伝と捉えられる事が多いのですが、一言で遺伝が影響しているとは言えないのが実情であり、本来であれば手の汗には悩まされないはずなのに後天的な原因により発症している症例もあります。

 

手汗は自律神経が影響している

その中でも直接的な要因になりやすいのが自律神経であり、手汗 自律神経は関わり合いが強いという事を念頭に置いておけば、適切な対処を行い自ら悩みの種を解消させられるようになります。手汗 自律神経について知るにはまずは自律神経はどういったものであるのかを知る必要があり、抑えておくべき事は交感神経と副交感神経の2つから成り立っているという事です。

 

特に手の汗に直結しているのは交感神経の方であり、交感神経というのは一般的な汗腺とは違うエクリン腺という汗腺から発汗させるので、結果的に本来であれば汗が多量に生じるはずがない手のひらや指などから発汗してしまいます。これまでは取り分けて悩まされる機会が無かったのに、環境の変化などに伴い手の汗が強く生じるようになってきたというように、突発的な症例では手汗 自律神経を疑ってみましょう。

 

また、普段は気にならずに生活しているものの特定の環境下に身を置いた時に気になるといった時は身体がストレスや緊張感、不安感といった精神的に負担を感じています。精神的にストレスを受けると交感神経が活発になるので、人前で大勢の視線を浴びて一言一句に耳を澄まされているといった会議などでは、書類が形を留めないほど濡れてしまうというビジネスマンも少なくありません。

 

しかも、自分の手の汗の量が増え始めているという事に気付き、気にする程輪をかけて焦燥感や不安感が増して手の汗が増えるという悪循環に陥ります。精神的な負担の他にも交感神経は栄養素に偏りが生じている食生活などでも発症しやすく、香辛料などの刺激性が強い食べ物を好んで食べている場合は手汗 自律神経の事を考慮して距離を置いたり量を著しく少なくさせましょう。

 

そして、自律神経というのは神経系なので基本的には全身に張り巡らされている中で突出して太さなどが異なるといった様子は無いのですが、肺の下部は比較的自律神経が塊となって溜まりやすいという特性があります。肺の下部にある様子から猫背になると身体の各臓器により物理的に圧迫されるので、機能が低下してしまい手の汗が発生します。

 

ストレスを溜めないように!

一見交感神経の機能が低下すると悩みが解消されるように感じられるのですが、自律神経は交感神経と副交感神経のバランスが取れていなければならないので、一方が働かなくなってしまうと相変わらず良くない問題が起こり続けてしまいます。こうしたように手汗 自律神経は切っても切れない密接な関係性があるので、できるだけストレスを溜めないように生活するようにし、運動習慣を持って排出物を意識的に体外に排出するようにしましょう。